補聴器まぁまぁ相談室

補聴器には、たくさんの種類がある為、相談や質問など、分からないことをQ&Aでお答えします。 少しでも難聴者の方、関係者の方にお役に立てればと思います・・・。
Home[補聴器のこと]質問コーナー | [補聴器のこと]アレルギー | [耳(聴こえ)のこと]質問コーナー | [日記] | [相互リンク]補聴器関係 | [相互リンク]その他① | [相互リンク]その他② | [過去記事] 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンタイプ

2006.05.09
オープンタイプ補聴器とは、耳あな式だと大きな空気が通る穴が開いていて、耳かけ式だと耳栓部分に大きな隙間が開いている補聴器のことをいいます。(画像はコチラ→リサウンド・エア参考)

大きな穴があいていることにより、耳をふさいだ感じがなくなり、自然な音も聴こえるという利点があります。
今までの補聴器だと穴が大きいとハウリングが起きてダメでしたが、最近の技術でハウリングが起きると、補聴器からハウリングと同じ音をぶつけて、ある程度ならハウリングを消すことが出来るようになりました。(ハウリングキャンセラーといいます)

また、高音域の音だけだと外耳道共鳴を利用して小さな音で、鼓膜までに大きな音として伝えることが出来ます。その結果、穴を大きく開けれるようになりました。

ただ、オープンタイプの欠点が、大きな穴のため低音域の音が大きくいれても、穴からぬけてしまいます。(高音域は大丈夫)その為、装用できる人は図のようになります。(ワイデックス エラン参考)
index_graph01.gif

しかし、オープンタイプの耳かけ式は、高音域の音だけでいい為、チューブを細く、本体も小さくていいので、目立たない補聴器が出来上がりました。

軽度難聴の方は、耳を塞いだ感じがダメな人が多く、穴から自然な音も聴こえてくるのでオススメできると思います。

まぁ、オーティコンのデルタなど、耳栓にレシーバーが付いてる補聴器が出てきたので、いずれ中、高度難聴の方でもオープンタイプが装用できる日が来るかも知れません・・・。期待!!
middle_1146130496.jpg

スポンサーサイト

Comment

http://sorahatunagaru.blog35.fc2.com/ - おそら

お休み中に質問いたしまして、失礼しました。
良い休日を過ごされましたか?
記事ありがとうございます。
なるほど、わかりました。
今使用しているシンクロもオープンタイプということですね。
そういえば耳鼻科の医師がそれを見て、珍しがってましたね~(彼女も難聴者)
2006.05.09 Tue 17:23 URL [ Edit ]

こんにちは^^ - まぁ

シンクロすごいですね!
高かったでしょう?けど、10年は使えるぐらい、機能が充実してると思いますから、大切に使って下さいね^^
先生が珍しく思うぐらいですから、結構、穴が大きいのかな?調整しても聞こえが悪くなれば、穴を少し小さくすれば聞こえが良くなります・・・。参考までに^^
連休は疲れました。気分転換にはなりましたけどね(^_^)/~
2006.05.11 Thu 09:11 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mimi1025.blog62.fc2.com/tb.php/24-e0d8bead
Template by まるぼろらいと

Copyright ©補聴器まぁまぁ相談室 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。