補聴器まぁまぁ相談室

補聴器には、たくさんの種類がある為、相談や質問など、分からないことをQ&Aでお答えします。 少しでも難聴者の方、関係者の方にお役に立てればと思います・・・。
Home[補聴器のこと]質問コーナー | [補聴器のこと]アレルギー | [耳(聴こえ)のこと]質問コーナー | [日記] | [相互リンク]補聴器関係 | [相互リンク]その他① | [相互リンク]その他② | [過去記事] 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログとデジタルの仕組

2006.04.14
アナログ補聴器は、音響信号が電気信号として処理されます。またデジタル補聴器は、音響信号がコンピュータ言語の0と1に変換され増幅されます。そして、再度デジタル信号が補聴器内でアナログの音響信号に変換し、耳へ届けられます。
簡単に説明すると、アナログは音をそのまま増幅し、デジタルは音を処理して増幅することが出来るのです。
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mimi1025.blog62.fc2.com/tb.php/4-7c248f4d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©補聴器まぁまぁ相談室 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。