補聴器まぁまぁ相談室

補聴器には、たくさんの種類がある為、相談や質問など、分からないことをQ&Aでお答えします。 少しでも難聴者の方、関係者の方にお役に立てればと思います・・・。
Home[補聴器のこと]質問コーナー | [補聴器のこと]アレルギー | [耳(聴こえ)のこと]質問コーナー | [日記] | [相互リンク]補聴器関係 | [相互リンク]その他① | [相互リンク]その他② | [過去記事] 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉法補聴器の種類

2006.04.15
福祉法の補聴器は、各メーカー決まっています。福祉の金額内の補聴器ですから、機能は落ちますが自分なりにオススメできる補聴器を紹介します。 ※個人差ありますので参考までに!
○標準型箱形
HA-70         リオネット
(箱形ですがオシャレかも?)
TH-558        コルチトーン
(ノイズを抑えることができます)

○高度難聴用箱形
HA-72P        リオネット
(箱形ですがオシャレかも?)
TH-678        コルチトーン
(ノイズを抑えることができます)
PW2           オーティコン
(音を強く出せます)

○標準型耳掛形
B1-VC         ワイデックス
(デジタルです)
ニュートーン.プラス    リサウンド
(デジタルでハウリング制御付き)
100B2+        オーティコン
(アナログ向けの方)

○高度難聴用耳掛形
P26           ワイデックス
(デジタルです)
ニュートーン.プラス    リサウンド
(デジタルでハウリング制御付き)
100B4+        オーティコン
(アナログ向けの方)

○挿入形、骨導型(骨導型は数が少ないので販売店に尋ねて下さい)
B1X-VC        ワイデックス
(デジタルです)
※挿入形は、差額を出して好きな補聴器にされるのが、いいかもしれません。

まあ、他にも種類はあるのですが上記の補聴器は、いろいろ調整ができますし、ワイデックスリサウンドはデジタルなので、他のアナログよりは聞こえがクリアかもしれません。福祉でも妥協せず、いろいろ試して決めましょう
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://mimi1025.blog62.fc2.com/tb.php/8-c22a85f3
Template by まるぼろらいと

Copyright ©補聴器まぁまぁ相談室 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。